【暦・季節】9/9には『重陽の節供』を祝って健康な後半戦に

暦・季節

【暦・季節】9/9には『重陽の節供』を祝って健康な後半戦に

「菊の節供」に長寿を祝う

2017年9月9日は重陽の節句です。
奇数が陽でめでたい数字とされた陰陽思想では、最も大きい陽の数字である9が重なることから重陽(ちょうよう)と呼び、古代中国では大変めでたい日として菊の花を飾り、菊酒を飲んで祝いました。
日本でも五節供の中で最も重要視され、旧暦では菊の盛りでもあるので「菊の節供」とも言われ、中国同様菊の花びらを浮かべた「菊酒」を飲んだり、衣服の部分を菊の花でつくった「菊人形」などを飾ったりしました。

日本では平安時代から菊酒を飲み長寿を祈る「観菊会」が行われ、「菊祭り」は「お九日」(おくんち)とも呼ばれ、祝いの名残を残しています。
なお、菊には長寿の効能があるとされますので菊の花をお風呂に浮かべたり食用菊を料理に散りばめたりしてみるなど、家庭でもそれらを取り入れながらその効用にあやかりたいものです。

12

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ