【美容・健康】汗とにおいと、マナーとケアと ~夏の汗対策~

美容・健康

【美容・健康】汗とにおいと、マナーとケアと ~夏の汗対策~

夏の汗とにおいのムムム!

ようやく涼しい日も出てきた8月の後半。
とはいえ、油断するとまた暑い日が戻ってきます。
そして、お盆明けの疲れが残る身体にとっては、少しの変化にも体調を崩し
がちになったり…

もっとも気を付けたいのが、暑い日の屋外と室内の寒暖差ですが、それと
同時に汗も気になるところ。

エチケットマナーとして汗の対処は上手にしたいところですが、自分自身の
においは本当に分かりません。
通勤電車や職場の人間の体臭に悩み、苦労している人は、実はたくさんいる
もので、気付いていないならば、少し自分に意識を向ける機会を持つことも
必要かもしれません。
思いの外、夏は電車などで隣の人の体臭に不快な思いをする人は多いものです。

ラッシュアワー

出典 http://wind.ap.teacup.com

夏は毎日、入浴したりシャワーを浴びたりして、身体を清潔に保つことは、
当然とても大切なことです。

さらに出勤時に着替えのシャツやポロシャツなどを数枚入れておき、汗を
かいたら汗拭きシートなどでサッと体を拭いて、着替えて気持ちよく一日を
過ごす工夫も心がけたいものです。

コーディネート

出典 http://otokomaeken.com

「香りを着る」おしゃれ感覚

林勝太郎氏の「英国流おしゃれ作法」では、香りも身だしなみの1つとされて
おり、本によれば、男の香りは薫る程度のものがよいとあります。

女性が使う香水のように、臭覚を強く刺激することがおしゃれなのではなく、
オー・デ・コロンやオー・ド・トワレのように清々しい、趣味のよい香りが
よいとされます。

オー・デ・コロン

出典 http://kashi-kari.jp

オー・デ・コロンは、もともとは他人に不快感を与えないためのエチケット
用品として活用されていたそうです。
それと同時に自らの個性を演出して、自分自身の気分を爽やかにするための
ものでもあります。

汗の匂いや体臭を爽やかな香りに変えるオー・デ・コロン。
夏の紳士のたしなみの一つといえるでしょう。

女性の香水の宣伝に「香りを着る」というコピーが使われていました。
夏は、いつもより清潔を心がけ、さらに「香りを着る」ことができるなら、
大人としての存在感も増すことでしょう。

香水

出典 http://chigai-allguide.com

■この記事はハルがお届けしています■

各種SNSでも様々な情報をお届けしています。お気軽にお立ちよりを!

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ