【伝統・文化】今年は季節の移ろいを感じたいっ! ~二十四節気~

伝統・文化

【伝統・文化】今年は季節の移ろいを感じたいっ! ~二十四節気~

生活に根差した文化って何だろうって考えたら…?

元日を経て、少しずつ普段モードの準備を始めたいところ。
あまりにもギャップが大きすぎると後々の順応が大変なので、この3が日だから
こそ感じられることと普段の生活でも使えることを今のうちに知っておきたい。

ということで、目をつけたのが「二十四節気」と「七十二候」。
知っている方もいるでしょうね。

恥ずかしながら、知っているようで知らないのがボクの特徴(笑)
これを機会に、少し理解を深めてみようと思いました。

ありがたいことに、ボクたちが暮らす日本には季節と強く結びついた風習が
たくさんありますね。
たとえば、季節の挨拶状として「暑中見舞い」「残暑見舞い」を出したり、
12月にゆず湯に入ったりしたりと、あまりその意味を考えていないにしても
なぜか取り入れて利用しているボクたち…。

言葉としては聞いたことがある「立秋」「冬至」と呼ばれるものがこれらと
深く関わっているとのことで、この「立秋」や「冬至」こそが「二十四節気」
でした。

ところで、この二十四節気と七十二候。
もともと中国で生まれたとのこと。
非常に早い時期から農業が発達した中国では、農作業を上手に行うことが
大事だったんですね。
このあたり、日本と性質が似ているところが幸いだったんですね。

そんな中国で正しく季節を知るために考え出されたのが、「二十四節気」と
「七十二候」でした。

「二十四節気」は、太陽の動きに伴って季節が移り変わってゆくことを踏まえて
冬至・夏至・春分・秋分の4つを基準にして1年が24等分されています。
太陽の周期はおよそ365日、つまり各節気の期間はおよそ15日ですね。

そして、この「二十四節気」をさらにそれぞれ3等分した5日毎の季節の推移を
短い言葉で表したものが「七十二候」に当たります。
「七十二候」ではそれぞれに漢詩の一節のような名称がつけられています。
「二十四節気と」比較すると自然観察から発した名称が多い印象です。
日本人らしい、風流な感じですね。

ちなみに「気候」という言葉は、二十四節気の「気」と七十二候の「候」から
できたものといわれているとか。
へぇ~、知らなかった…。

アレンジ大好きな日本人による「本朝七十二候」

「二十四節気」は中国・黄河の中・下流域の季節の推移に基づいて考えられた
ようで、日本の気候とは合わないところもあったんですね。
ただ、総合的にはおよそ半月ごとの季節の変化を示すものとして便利ですよね。
名称が覚えやすいこともあって日本国内でそのまま定着したようです。

一方の「七十二候」は季節感のズレに加え、その由来は意味不明なものが少なく
なかったとか。
そこで本領を発揮するのがアレンジ得意の日本人。
江戸時代になって渋川春海(しぶかわはるみ)などの暦学者が日本の風土に
合った新しい「七十二候」をつくり出したのです。
やっぱり(笑)

それは「本朝七十二候」呼ばれます。
「本朝七十二候」はその後、少しづつ修正されながらも基本は江戸時代に
作成されたものが受け継がれ、現在に伝わっているとのこと。
私たちは古来より脈々と受け継がれていると思い込んでいるものもたくさん
ありますが、実はその時代時代に合わせて手を加えてきているんですね。

さて、これからはどのように受け継がれてきた文化がボクたちの感覚に
合わせて変化していくのでしょうか。
楽しみですね!

日本の四季

出典 http://www.jat.or.th

今回も記事を読んでいただいてありがとうございます。
その他のハルの情報は次のページに!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ