【伝統・文化】昔の月の呼び方って風流ですな

美容・健康

【伝統・文化】昔の月の呼び方って風流ですな

国語の点数を取るためにあらず!

あれはいつのことだったでしょうか。
「和風月名」と呼ばれる日本独自の月の呼び方を学んだのは。

今年は「知識」よりも「感性」を大事にしていきたいと考えているボクに
とっては、授業や受験のための文化や古典ではなく日常に根差した教養で
あってほしい…。

そんな思いとともに、自分自身の理解を深めるためにも代表的な「和風月名」の
由来(代表的な説にすぎませんが)を調べてみました。

1月:睦月(むつき)

新年には身分や老若に関係なく、互いに往来してむつまじくするところから
「ムツビヅキ」の略とする説が有力だとされています。
稲の実を初めて水に浸す月であることから「ムツキ(実月)」とする説なども
あるのだとか。

別名に「霞初月(かすみそめつき)」「孟春(もうしゅん)」「孟陬(はんすう)」
などがあるとのことで、思いの外、いろいろな呼び方があるのですね。

2月:如月(きさらぎ)

様々な説がある中で、寒さのために衣を重ねることから「キヌサラギ(衣更着)」を
意味するという説や、陽気が発達する時節ということから「キサラキ(気更来)」を
由来とする説などがあるそうです。

別名に「梅見月(うめみづき)」「花朝(かちょう)」「仲春(ちゅうしゅん)」
などもあるとか。

3月:弥生(やよい)

草木がいよいよ生い茂る月という意味の「クサキイヤオヒツキ(草木彌生月)」が
詰まったものとする説が有力。
ほかに、「ヤヤオヒ(漸々成長)」の略という説もありますが、総じて異説は
あまりないようです。

別名としては「花月(かげつ)」「季春(きしゅん)」「姑洗(こせん)」などが
あげられています。

梅

出典 http://www.walkerplus.com

4月:卯月(うづき)

ウツギの異名である「卯の花」が咲く月であることから、卯の花の月・ウツギ月の
略とされています。
ほかに、稲種を植える月という意味を表す「ウツキ(植月)」とする説なども。

別名に「清和月(せいわづき)」「首夏(しゅか)」「仲呂(ちゅうろ)」などが
あります。

5月:皐月(さつき)

早苗を植える月という意味の「サナヘツキ(早苗月)」の略という説が有力です。
また、田を植えることを「サ」というので「田植えの月」を意とする説や、狩猟の
幸を得る「幸月」とする説もあります。

別名に「仲夏(ちゅうか)」「蕤賓(ずいひん)」「梅天(ばいてん)」などが
あります。

6月:水無月(みなづき)

暑さで水が枯れるところから「ミヅナシツキ(水無月)」とする説、逆に田に水を
入れるところから「水月」の意ともとられています。
また農事を皆、し尽きる月(「ミナシツキ(皆仕尽)」)の意とする説もあります。

別名に「季夏(きか)」「林鐘(りんしょう)」などがあります。

水田

出典 http://tsunagonia.com

7月:文月(ふみづき)

稲の穂の「フフミヅキ(含月)」の意とする説が有力です。
また、七夕が詩歌のフミ(文)を供えたり、書物( = 文)の虫干しをする日で
あったりすることにちなんでいるともいわれています。

別名に「夷則(いそく)」「桐月(とうげつ)」「文披月(ふみひろげつき)」
などがあげられています。

8月:葉月(はづき)

木の葉が紅葉して落ちる月、すなわち「ハオチヅキ(葉落ち月)」の略だとする他、
稲が穂を張る月という意味の「ホハリヅキ(穂張月・穂発月)」からきているとする
説などがあります。

別名に「仲秋(ちゅうしゅう)「南呂(なんろ)」などがあります。

9月:長月(ながつき)

秋の夜長の頃という意の「ヨナガヅキ(夜長月)」の略になったとされています。
「イナカリヅキ(稲刈月)」のイとリが略された「なかづき」が変化したとも、
「イナアガリツキ(稲熟月)」の略だともいわれます。

別名に「菊月(きくづき)」「授衣(じゅえ)」「無射(ぶえき)」なども。

秋の風景

出典 http://pds.exblog.jp

10月:神無月(かんなづき)

諸神が出雲に集合し、他の地では神が不在になるところからこのように呼ばれる
とか。逆に出雲では「カミアリヅキ(神在月)」といわれます。
ほかに、「カンナメヅキ(神嘗月)」「カミナヅキ(雷無月)」の意とする説も
あります。

別名には「小春(こはる)」「孟冬(もうとう)」「陽月(ようげつ)」などが。

11月:霜月(しもつき)

字義どおり、「シモフリヅキ(霜降月)」を略したとする説が有力です。
他に、「ヲシモノツキ(食物月)」の略とする説や、ものがしおれ傷むという意の
「シモグルツキ」からきたという説があります。

別名に「黄鐘(おうしょう)」「建子月(けんしげつ)」「陽復(ようふく)」
などがあります。

12月:師走(しわす)

1年の終わりの月であるため、「トシハツルツキ(年果月)」の意とする説が有力。
また、経をあげるために師僧が東西を馳せ走る月であることから「シハセ(師馳)」
のこととする説もあります。

別名に「極月(ごくつき)」「限月(かぎりのつき)」「臘月(ろうげつ)」
などがあげられています。

師走の雪風景

出典 http://livedoor.blogimg.jp

さて、今年の12カ月にはどんなことが起こっていくのでしょうか。
楽しみですね。

今回も記事を読んでいただいてありがとうございます。
その他のハルの情報は次のページに!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ