【ビジネス】プロボノって副業のカタチ、新しい?

ビジネス

【ビジネス】プロボノって副業のカタチ、新しい?

「人が副業に求めるものって何だろう?」

「あなたが副業に求めるものは何ですか?」

こう問いかけられたら、あなたならどう答えます?
お金?経験?人脈?他には…?

どんな動機や目的であっても複業に取り組んでいる人は立派だなぁって
思うのですが、社会では副業のイメージがどうも悪いようで残念…。

でも、副業っていろんなスタイルがあることをもっともっと知ってほしい。
例えば、今回取り上げる「プロボノ」

「副業」という生き方の選択

次のようなお話し、素敵だと思いません?


広島県福山市で政策作りにも参加する女性。
実は彼女、大阪府の製薬会社で会社員として働く立場でもあります。

社命による出向などではなく自治体の募集に個人の立場で手を挙げた
彼女は、毎月4日間ほど新幹線で通っているといいます。
製薬会社に勤めている特性をいかして、健康をテーマとした若い女性
旅行客の呼び込みに知恵を絞っているそうです。

本業では食や農業などの新規事業に取り組んでいるといい、暮らしの
多様性や地域の現実をもっと知りたいという欲求から彼女の歯車は
もうひとつの仕事を持つことにも回り始めました。

この道のプロである自治体の動きを学ぶことを目指して応募。
勤務先企業では2年前に許可制ではなく届け出制にて副業は解禁。
社員に対する信頼を感じて変な仕事は選ばない責任も感じたそうです。

<福山市 鞆の浦>

鞆の浦

出典 http://camera10.me

人口減などの課題に直面していた福山市は、ビジネスの一線で働く人の力を
借りることを目的として、全国初の副業マネジャーの公募に踏み切ったところ。

遠い自治体のため時間を割く投資や映像制作などのプロたちは、定員1人に
対して約400人が殺到した中から選ばれた熱い気持ちの持ち主たちといいます。

金銭の報酬が第一目的ではなく「一緒に何かを作る喜び、役に立つ実感、
自分の成長、共感といった心の報酬が大きい」と感じるメンバーたち。

金銭的報酬を求めることは間違いではないものの、それを継続できるか、
自分の力量を新しいステージに持ち上げて成長・成功できるかどうかは、
この価値観にかかっているのかもしれません。

「頼りになる仲間たち!」ん?ちょっと違いますか…(^^;

仲間たち

出典 http://wired.jp

いやぁ、こんな日々を過ごしているならば本業か副業か、仕事かプライベートかを
問わず、充実した人生になりそうな予感。

きっと「何かを得よう」としなくても、いつの間にか想定外のいろいろなものを
手に入れちゃってそうで、豊かで幸せな気持ちになるんだろうぁ。

「プロボノ」

これからの働き方、生き方を考える中では外せないキーワードになってくるんじゃ
ないですか?

いつも尋ねてきてくれてありがとう(^^)
今回も記事はいかがでしたか?
その他のハルの情報は次のページにもあります。
よろしくね!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ