自己主張はファッションから

ファッション

自己主張はファッションから

自分の個性は自分で守る!

個性の表現の仕方は多様だけれども、一番身近で一番簡単だけれども、一番意識していないものがファッションだと思う。
これは自分の感覚を基準に描いているので「いや、そんなことはない」という人がいて当然で、むしろそういう感覚でいる人がたくさんいた方が世の中は健全だと思うんだけど、こと自分のことを振り返ると「やっぱりこのままじゃまずいぞ」という気持ちもあるので、こうして記事にしたためることにした。

おしゃれ

出典 http://fashion-basics.com

まず、これまでの服の選び方はパーツ毎に見て(例えばパンツ、ジャケットといったふうに)、雑誌の写真やマネキンが着ているものが「いいな」と思って買うことが多かった。
あまり、自分の考えやイメージを持っていなかったと言っていいんですよね。

それはそれで小ぎれいにまとまって失敗はしないし、他の人から見られても違和感がないから悪くはないんだけど…

トップの写真のイチローさんではないが、やっぱりとんがっている人は比較的奇抜(突き抜けすぎは難しいにしても、意表を突いたと言えばいいかな?)なファッションでいる方が多いなぁと思った。

人目は気にならないのか?そりゃならないよな…

そもそも、生き方や在り方そのものが人からの評価を気にしない方々。
ファッションのひとつやふたつで気にしているわけがない。

ということは、ファッションの域にとどまらない、生き方や在り方の表現のひとつがファッションだということ!?

ここで自分のファッションを振り返ってみると、なるほど無難で周囲に溶け込むようにしていると納得。
これはファッションのみならず、言動や仕事の成果など、あらゆる面で無難に済ませようとしている姿が思い浮かぶ。

不安

出典 http://i.gzn.jp

「どんなファッションを選ぶか」というよりも、「どんな自分でいたいのか」。
これがファッションの根本なんでしょうね。

そして、「どんな自分でいたいのか」が分からなければ「無難な自分」「周りと同じ自分」でいようとする…

これからは自分の状態をチェックするためにファッションチェックしてみるものひとつの手かもしれませんね。

紳士淑女

出典 http://art15.photozou.jp

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ