ごはんを食べて「元気ハツラツ!」

美容・健康

ごはんを食べて「元気ハツラツ!」

ほくほくのごはんが醸し出す幸せ感!

私事で恐縮ですが、実は最近、小麦粉をとることを辞め始めたんです(笑)
パンや麺類(パスタやうどん)をできるだけ摂らなくしてるんです。

以前から小麦粉は体温を下げるということを聞いていたんですが、師匠と崇めている方が小麦粉を摂らないということで、僕の中では決定的になりました。
なにせ、師匠は麦そのものを摂らないよう心がけているようで、その中にはビールもリストアップされていますから。
本物の人って徹底的ですし、そこに一点の曇りもないものですね。

さて、小麦から炭水化物を摂らないならば、やはり私たち日本人にとって重要なものは「米」ですね。
タイトルの写真のような、湯気があがるほくほくのごはんの魅力にはもう逆らえません。
漬物や塩味のある佃煮がお供にあれば、ごはんだけでも何杯か食べられてしまうのが日本人ですよね(笑)

そうそう、こういう画がたまらない

40歳代はいろいろと習慣を変えるとき

1947年頃の日本人の平均寿命は47歳といわれていましたから、当時であれば42歳の僕はもうそろそろ人生の終焉を迎える時期といえます。
歴史をさかのぼれば、織田信長の時代(1500年代)も人生50年といわれていたとか…
この数十年で急激に寿命が延びたんですね。

一方で食生活もずいぶんと変化したといわれますね。
やれ外食がだとか、脂がだとか、間食・スイーツがだとか。

若いうちはいろいろ楽しみたかったものですが、さすがに40代を迎えると欲のままに食べるわけにもいかず、人生100年時代ともいわれる現代を残り50年以上も生きていくための準備を始めなければいけない年齢になってきたことをしみじみと感じます。

織田信長

出典 http://shop.sengokuart.com

工夫ひとつで体調って変わるものなんやな

年齢を重ねていくたびに、身体は弱っていくので手間をかけることは避けたいところ。
でも、手間をかけずに健康や頭の回転が改善されるならぜひとも取り入れていきたいところ。

世のみなさんがおすすめする方法とはどんなものなのか。

すでに一般的となった、白米と合わせて玄米・胚芽米・雑穀米(16穀米など)・
豆を加えて食べる方法はおすすめのようですね。
食事後の血糖値を緩やかに上げ緩やかに下げられるようで、身体への負担は軽いようです。
理屈面だけでなく、ほかほかのごはんと一緒に炊き上がったこれらのお米や豆の香りもまた楽しそう。

16穀米

出典 http://lower-bloodsugarlevel.com

温かいごはんは甘味も感じられるので、塩加減のきいた焼き魚やみそ汁、漬物も外せませんね。

繊維の多い野菜、繊維の多い穀類、たんぱく質がしっかりと含まれた和食は、40歳を超えた僕にとって、これからの頭と身体の健康には最適な食事なんですね。

確かに、揚げ物や脂たっぷりの肉は、食べることが少々苦しくなりつつあるので(笑)
日本人の身体に合った、おいしさと楽しさを感じる食事を大事にしていくことにします。

和食

出典 http://wonderperson.whdbeauty.com

今日も温かく、おいしいごはんを食べられることに感謝!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ